top of page

「Museum Sketch」スケッチ作品のご紹介~その5~

2023年10月16日

児玉哲朗さん(グラフィックデザイナー)のスケッチをご紹介します

10/11(水)に「Museum Sketch」と題し、

県内在住のアーティストやデザイナーの方などをお招きし、

「あそび、たたかうアーティスト 池田龍雄」展をテーマにスケッチしていただきました。


五人目は、グラフィックデザイナーの児玉哲朗さんです。


▽児玉さんからのコメント

年代ごとにタッチが大きく変化していて

それぞれ別人のよう


▽モデル作品

《腕》1953(昭28)年 板橋区立美術館蔵

《10000カウント》1954(昭29)年 東京都現代美術館蔵

《ショーウインドウ》1955(昭30)年 福岡市美術館蔵

《黒い機械》1956(昭31)年 愛知県美術館蔵

《虫類図譜シリーズA》1958(昭33)年 名古屋市美術館蔵

《街(C)》1959(昭34)年 愛知県美術館蔵

《はじき》1967(昭42)年 名古屋市美術館蔵

《BRAHMAN 第1章 梵天》1973-74(昭48-49)年 山梨県立美術館蔵

《『ないたあかおに』挿絵原画》 個人蔵

《場の位相 No.3》2003(平15)年 個人蔵


この作品はどんな作品から生み出されたのでしょうか?

ぜひ、佐賀県立美術館で池田龍雄の作品も御覧ください!


bottom of page